リスクを把握する|中絶手術を受けるときの注意点|心身の負担を減らす
女医

中絶手術を受けるときの注意点|心身の負担を減らす

リスクを把握する

悩む女性

妊娠中絶手術を大阪の病院で受けるときには、少なからずリスクがあることを把握しておきましょう。ときには後遺症が残ってしまうこともあるので、妊娠中絶の手術を行なうかは慎重に考える必要があります。大阪で受けられる妊娠中絶手術の方法は、妊娠初期と妊娠中期によって異なります。初期段階で妊娠中絶を行なう場合、子宮内に器具を差し込み、胎児の細胞を取り除きます。このときに考えられるリスクの1つは、器具を挿入するときに子宮内に傷をつけてしまうことです。傷がつくとそこから細菌が侵入しやすくなり、いろいろな感染症へ繋がるリスクがあります。その他、胎児の細胞を完全に取り除けずに、子宮内に残してしまった場合、出血が止まらなくなるというリスクがあります。
一方、妊娠中期の場合は器具の挿入では取り出せないほど胎児が大きくなっているので、通常の出産と同じ分娩に近い形で胎児を取り出します。その際、取り出しやすいよう薬を使用して人工的に陣痛を起こします。場合によっては子宮頸管を傷つけることや、子宮が広がったまま出血が止まりにくくなる危険性があります。大阪で行われるこれら2つの手術方法は、どちらも違ったリスクがあり、大阪にいる医師の技術に大きく左右されます。手術を行なうときには信頼できる医師を探すことが大切です。技術がしっかりしているかということの他に、リスクについてきちんと説明をしてくれるか、相談に乗って不安点を解消してくれるか確認してください。