痛みを減らす|中絶手術を受けるときの注意点|心身の負担を減らす
女医

中絶手術を受けるときの注意点|心身の負担を減らす

痛みを減らす

女医

大阪にある病院の中には、妊娠中絶手術を無痛で行なうところがあります。多くの病院で妊娠中絶手術の前に麻酔を打ちますが、中でも無痛手術を強調する大阪の病院では専門の麻酔医師が立ち会って適切な量や方法によって麻酔の処置を行います。麻酔の量や方法を決めるにはその患者の状態や体質から判断する必要があります。量が少ない場合効きが弱くなり、妊娠中絶手術で痛みを感じやすくなります。大阪で妊娠中絶の痛みを和らげる工夫は、麻酔を打つ専門の医師がいるということの他に、術前処置を麻酔の後に行なうようにしています。術前処置というのは、中絶手術を行いやすくするために子宮頚管を器具によって押し広げる処置のことです。これを行なうことによって手術がスムーズにできるようになりますが、激しい痛みを伴うことが多いです。大阪にある病院でも、一般的に術前処置は麻酔の前に行なうものですが、無痛手術を心がける病院では麻酔の後に行なうため、押し広げる際の痛みをほとんど感じません。
痛みを感じないということは確かに大切なことですが、病院を選ぶ際にそれだけを基準に選ぶのは危険です。手術の内容や技術、医師やスタッフの対応もきちんと比べて病院を選びましょう。手術の腕がしっかりしていないところでは、痛みを感じなくても様々なトラブルが予想されます。その病院がきちんと技術を持っているところなのか、実績や口コミサイトを参考にして調べましょう。また、カウンセリングや電話からその病院の対応を知ることができます。