医者

中絶手術を受けるときの注意点|心身の負担を減らす

胎児の大きさを考える

病院

妊娠週数5週から11周までの間は中絶手術が行いやすい時期です。この時期なら胎児が確認しやすい大きさに育っていて、母体へのリスクも少ないため東京でもこの時期に手術を受ける人が多いです。

Read

安心できる病院

カウンセリング

中絶手術を行なう場合、病院選びは重要なことです。中絶手術というのは、肉体的にも精神的にも大きな負担になります。なるべく負担を軽減して中絶手術に臨めるように、自分に合った病院を選びましょう。中絶手術は婦人科で行いますが、病院によっては男性の医師が担当する場合があります。男性医師であっても手術の腕や知識は豊富に持っているかもしれませんが、男性相手ではストレスを感じる人も少なくないです。絶対に女性医師に担当して欲しいと考えるなら、女性専用の病院を探してください。女性専用の病院では、医師はもちろんスタッフや患者まで全て女性に限られているので、ストレスが少なく中絶手術を受けることができます。異性の目を気にせず通えますし、女性にしか分からない多くの悩みを相談することができます。手術を受けるときの相談の他に、日常で感じている様々な悩みを打ち明けることで不安を取り除きます。
女性限定の病院の他に、プライバシーをしっかり守る工夫がされていると安心です。例え女性しかいない病院であっても、中絶手術を受けることを他の人に悟られたくないと考える人は多いです。そういった点を配慮した病院なら、患者同士で鉢合わせることを防ぐために完全予約制にし、時間をずらす工夫をしています。また、万が一待合室ですれ違った場合でも顔がよく見えないように病院内の電気を暗くするところもあります。室内での鉢合わせを防ぐ他に、病院内へ入るのを見られない工夫をする病院も多いです。通りに面したところではなく、奥まった部分に出入り口を設ける病院なら、知り合いに見られる危険性が低くなります。

痛みを減らす

女医

大阪では妊娠中絶手術の痛みを和らげるために様々な工夫をしています。例えば、麻酔の効果がしっかり現れるように、手術を担当する医師とは別に麻酔科の医師を用意し、その人に合った麻酔を行います。

Read

リスクを把握する

悩む女性

妊娠中絶の手術を大阪で行なう場合、様々なリスクがあります。妊娠初期の手術は手術が比較的難しくないとは言われていますが、それでも全くないわけではありません。麻酔に拒絶反応が出るかもしれませんし、胎児の細胞を取り残すこともあります。

Read